HTMLのさまざまな要素をグラフィカルにしたフリーのアイコン -Chalkwork HTML

コリスさんの記事紹介です。

 

見出し、フォーム、リストなどHTMLのさまざまな要素をグラフィカルにしたフリーのアイコンを紹介します。

 

ネタ元:HTMLのさまざまな要素をグラフィカルにしたフリーのアイコン -Chalkwork HTML (コリス)

Tags: ,

スタイルシートのすご技、ページをめくるリアルなアニメーション

コリスさんの記事紹介です。

 

FlashもJavaScriptも使用せずに、スタイルシートでページをめくるアニメーションを実装した「Pure CSS3 Page Flip Effect」を紹介します。

対応ブラウザはChrome, Safariと限定されたものですが、CSS3グラデーションやクリッピングを使用してリアルなアニメーションが実現されています。

Román Cortésでは他にもスタイルシートのすご技が掲載されているので、まだの方はぜひご覧ください。

 

ネタ元:スタイルシートのすご技、ページをめくるリアルなアニメーション (コリス)

Tags:

Windows XPはビジネス用PCでシェア74%、2020年までダウングレード可能に

engadgetさんの記事紹介です。

 

会社はいまだにWindows XPなんだよねという方、おめでとうございます、あなたは圧倒的な多数派の一員です。マイクロソフトのWindows担当VP Tammi Reller氏がWindows Partner Conferenceで説明したところによれば、ビジネス用PCではいまだにWindows XPが74%のシェアを占めるとのこと。間もなく店頭からなくなるOSとは思えぬ人気ぶりです。おまけに各社の現行PCは平均で4.4歳。ざっくり言えば、2006年頭、Vista発売前のPCが今も主流というイメージになります。

というわけで自分たちが販売したWindows XPの亡霊に悩まされているマイクロソフトは、OEM版Windows 7 Professional / Ultimateに提供しているXP / Vistaへのダウングレード権を、Windows 7のサポートが続く限り一緒に提供し続けると発表しました。Windows 7 Professionalは少なくとも2020年1月までサポートが行われますので、XP / Vistaへのダウングレード権も2020年まで続くことになります。これまではWindows 7のリリースから18か月後(2011年4月)、あるいはWindows 7 SP1のリリースまでの計画でした。まあ実に大幅な延長です。

なお公平のために言えば、マイクロソフトのボリュームライセンスやソフトウェア アシュアランスを利用した場合は、これらの期限とは関係なく旧バージョンへダウングレードすることが可能です。また反対にパッケージ版ではダウングレードすることはできません。今回の対象はあくまでOEM版。つまりWindows 7入りPCを新しく買ってもXPにダウングレードできるよ(だからまずは買って移行しようね)、という話です。振り返れば、Windows XPの発売は2001年。このぶんだとXP発売後に生まれた子供が就職先でXPを使うという現象が起きてしまいそうです。

 

ネタ元:Windows XPはビジネス用PCでシェア74%、2020年までダウングレード可能に(engadget)

Tags:

時間の節約になるWeb制作関連ツール 12+1

Webクリエイターボックスさんの記事紹介です。

 

Webサイトを作る際に、じっくり時間をかけたい作業とそうでないものがあると思います。細かい作業は便利なツールで作業時間の短縮をして効率よくすすめましょう!今回は私がいつも使っているものとSMASHING MAGAZINEで紹介されていて「おぉっ!」と思ったWeb制作に関する便利ツールを紹介します。

 

ネタ元:時間の節約になるWeb制作関連ツール 12+1 (Webクリエイターボックス)

Tags:

コンピュータの歴史に詳しくなれるウェブサイト10選

CNET Japanさんの記事紹介です。

 

コンピュータの歴史にとても興味がある、あるいは若い頃のテクノロジに再び目を向けてみたいと考えている読者の方は、本記事で紹介している博物館サイトを訪れてみてほしい。こういったウェブサイトでは記事や写真、フォーラムが提供されているほか、初期のPCのテレビコマーシャルを視聴することもできる。

 筆者は、コンピュータの歴史を扱っているウェブサイトの閲覧や、コンピュータの歴史についての番組を視聴するのが大好きである。なぜかって?こういったウェブサイトを閲覧することで、自らの過去を当時とは違った視点から眺めることができるためだ。その例を挙げると、筆者はApple IIコンピュータ上のApplesoftを使ってプログラミングを始めた当時、これがビジネス向けの素晴らしい言語だと考えていたのだった。何てこったい!

 筆者のような老いたIT技術者の思い出話で読者の方々を退屈させるのはやめにして、コンピュータの歴史を扱っているウェブサイトのなかから筆者のお気に入りのものを紹介したい。これらのサイトは、PCの歴史をもっと学びたいと考えている方に役立つはずだ。ただし、気を付けてほしい:今日中に終えなければいけない仕事を抱えている場合、昔懐かしい思い出にひたってしまうと、その仕事を今日中に終えられなくなってしまうかもしれない。

 

ネタ元:コンピュータの歴史に詳しくなれるウェブサイト10選(CNET Japan)

Tags:

MozillaがiPhone版Firefoxを作れない理由

ITProさんの記事紹介です。

 

米Mozillaは2010年7月1日、Firefox向けの機能拡張ソフト(アドオン)「Firefox Sync」(旧称Weave Sync)の最新バージョン1.4を公開したことを明らかにした(Mozilla Japanのブログ記事)。Firefox Syncは、複数のパソコンやスマートフォンでFirefoxのブラウザーデータを同期できるようにするアドオン。Mozillaのサーバーを介して、Firefoxのブックマークやパスワード、閲覧履歴、フォーム入力履歴などを同期する。バージョン1.4では日本語へのローカライズが行われており、より使いやすくなったとしている。

 Firefox Syncの便利な点は、自宅や勤務先、モバイル用のパソコンなど複数のパソコンを使っている場合でも、一つのパソコンでFirefoxの設定を施してしまえば、その設定をサーバー経由で他のパソコン上のFirefoxに反映できることである。Web上の気になる記事や製品情報を会社のパソコンで見付けたときは、そのWebページをブックマークしてFirefox Syncで同期しておけば、モバイルパソコンでも簡単に続きが読めるようになる。

 Firefox Syncはこんな使い方もできる。外出前に訪問先企業のWebサイトの地図情報を会社のFirefoxで表示させたうえで同期作業を行っておけば、モバイルパソコンからは「履歴」→「他のコンピュータで開いていたタブ」とたどることで、その地図情報にすぐにアクセスできるのだ。地図を印刷して持って出る必要がなくなるというわけである。

 

ネタ元:MozillaがiPhone版Firefoxを作れない理由 (ITPro)

Tags: ,

名刺デザインのインスピレーション向上によさ気なギャラリーいろいろ+α

かちびと.netさんの記事紹介です。

 

名刺を新しくしようと考えていて少しギャラリーを見て周ったのですが、もう一度見なしそうなのでついでにメモ。ギャラリーや、名刺のまとめられているサイトと、発注する時にいいかも、と個人的に思った名刺屋さんをいくつか。

まずはデザイン名刺のインスピレーション向上用のギャラリーやFlickrのグループなどのまとめから。

・Creattica・とりあえずデザインといえばここですね。ロゴでもお世話になっているギャラリーサイトです。

・Card Nerd・凄く綺麗にまとまっているギャラリーサイトです。シンプルでとても見やすい。上4つは広告です。

・itevenhasawatermark.com・簡素なデザインのサイトですが、色でソートできたりするのでなかなか良さそうです。

 

ネタ元:名刺デザインのインスピレーション向上によさ気なギャラリーいろいろ+α (かちびと.net)

Tags:

グーグルがWebを高速化するために何をしているか

Publickeyさんの記事紹介です。

 

本のページをめくるように、どんなWebページも素早く表示できるようにする。グーグルは以前からWebの高速化に取り組んできました。

6月22日から、米サンタクララで行われていたWebサイトのパフォーマンスと運用に関するオライリーのイベント「Velocity 2010」では、グーグルのUrs Hölzle氏がWebの高速化技術について「Speed Matters」(スピードの重要性)というセッションで紹介ています。

Webを高速化するためにどのような技術があり、あるいはどのような技術が検討されているのか、このセッションの内容を紹介しましょう。

私が話そうとしているのは、「Speed matters」(スピードの重要性)についてだ。Webは空飛ぶジャガイモより速くなれるだろうか? どのくらい速くなれるだろうか? (参考:オペラがやってくれた! グーグルの空飛ぶジャガイモに対抗

調査によると、Webページの表示には平均で4.9秒かかる。Webページの平均的なサイズは320KB、利用者の帯域幅は1.8Mbpsなので、計算では1.4秒以内に表示されなければならないのに、そうなっていない。どうしてだろうか? 何に時間がかかっているのだろうか?

 

ネタ元:グーグルがWebを高速化するために何をしているか(Publickey)

Tags:

サイトを公開する際に最低限抑えておきたい Apache の設定

バシャログさんの記事紹介です。

 

さてさて今回は意外と知られてないけど、サイトをインターネットに公開する際には知っておいた方が良い Apache の設定をいくつかご紹介します(一部 PHP の設定もありますが)。この設定をしていないからといって即危険にさらされるという訳でもありませんが、リスクの芽は摘んでおくに越した事はありませんよね。

無駄な HTTP ヘッダを返さない

ディストリビューションにより異なるかもしれませんが、CentOS デフォルトの設定の場合 Apache が返してくる HTTP ヘッダは以下のようなものです。

 

ネタ元:サイトを公開する際に最低限抑えておきたい Apache の設定(バシャログ)

Tags:

ネットショップで売れない・売上が伸びない基本的な5つの理由

Web担当者Forumさんの記事紹介です。

 

ネットショップ運営の基本を外すと売れないネットショップになる

 ネットショップで売上をあげていくにはたくさんの要素が絡んできます。売れているネットショップでは実に様々な施策や対策をおこなって売上を伸ばしていますが、どのショップにも必ず共通してある基礎の部分があります。逆にその最低限必要な基礎の部分がないネットショップでは大きく売上を伸ばすことが難しくなってしまいます。
今回はそんな売れないネットショップがおさえきれていない、代表的な共通点をご紹介したいと思います。

売れない・売上が伸びない基本的な5つの理由

1.ショップコンセプトがない

ネットショップのコンセプトはショップ運営をおこなっていく上での全ての基本です。

“ロゴマーク” “ショップ名” “ショップの色合い” “コピー(キャッチ)” “写真のテイスト” “梱包、ショップカード” “接客時の対応” “競合調査の視点”

これらの要素はネットショップのコンセプトに基づいて決めるものになり、コンセプトがはっきりしてこそ競合と差別化を図れます。当然、しっかりしたコンセプトがないショップは売れません。

ショップコンセプトは誰に何をどのように提供していくのかを考えて決定していきます。

  • 誰に(ターゲット顧客)
  • 何を(商品・サービス=提供する価値、ベネフィット)
  • どのように(技術・ノウハウ)

 

ネタ元:ネットショップで売れない・売上が伸びない基本的な5つの理由 (Web担当者Forum)

Tags: ,