Archive for the ‘PC知識/小技’ Category

2010年にWeb担当者が読んでおくべき良記事40本

Web担当者Forumさんの記事紹介です。   2010年の要チェック人気記事を発表! あなたはあの良記事を見逃していませんか? 解説記事、ニュース記事、ユーザー投稿などの種類ごとに、人気記事を紹介します。   ネタ元:2010年にWeb担当者が読んでおくべき良記事40本 (Web担当者Forum)

Tags:

h1タグは、Googleでやっぱり大切らしい

海外SEO情報ブログさんの記事紹介です。   Googleのサーチクオリティチームは、NPOが運営するサイトを対象にサイトクリニックを実施しました。サイトクリニックを行ったサイトに見られた問題点とその改善策を今日までに3記事公開しています。 そのなかで、「Googleにとってはh1タグは重要な要素だ」と認識させられる記述があったので、今日はそれをピックアップします。   ネタ元:h1タグは、Googleでやっぱり大切らしい (海外SEO情報ブログ)

Tags:

あなたのGmailをすべて盗まれる, Googleの巨大なセキュリティホール

Tech Crunch JAPANさんの記事紹介です。   記事の最後のアップデートを最初に読んでください。 Facebookならたぶん、これを機能として実装したいだろうが、われわれ一般ユーザにとっては大きなセキュリティホールだ。今朝(米国時間11/20)、http://guntada.blogspot.com(今はまだ、ここへ行ってはいけない!)の作者が、説明のメールをくれた。 Googleのアカウント(Gmailなどなど)にログインしている状態で、上のサイトへ行くと、Googleのメールアドレスをすべて盗まれる。そして盗んだ証拠に、ただちにそれらをメールしてくる。   ネタ元:あなたのGmailをすべて盗まれる, Googleの巨大なセキュリティホール (Tech Crunch JAPAN)

Tags:

コメントスパムとは? – ブラックハットSEO大全#05

Web担当者Forumさんの記事紹介です。   ■「コメントスパム」とは 第三者のブログのコメント欄や掲示板に、そのブログとは関係のない広告文およびリンクをコメントとして投稿すること。 手動で行う場合と、プログラムを使用して自動的に大量投稿する場合とがある。 ■どんな手法か詳しく解説 前述のとおり、ブログへのコメントや掲示板への書き込みを装って、リンクを含んだ内容を投稿します。コメント内にURLを記入することで自動リンクされるようにしたり、コメントフォームにURLの入力欄があればそこにURLを入力したり、掲示板用の一般的なリンクタグ([url=http://example.com]アンカーテキスト[/url])を使ってリンクしたりします。 大手ブログサービスやしっかりと管理されているサイトでは、投稿されたコメントは管理者が事前にチェックしてからでないと掲載されないようにしているためコメントスパムは阻止されますが、投稿したコメントがすぐにサイト上に掲載されてしまうブログではコメントスパムが掲載されてしまいます。 また、新しい記事に対するコメントはチェックしていても古い記事に対するコメントをチェックしていない場合や、そもそもブログや掲示板の管理者が(忙しかったり飽きたりして)ほとんど管理をしていない場合もあり、そうした場合にもコメントスパムが掲載されてしまいます。 ブラックSEO会社のなかには、「コメント書き込み対象を検索エンジンで調べてコメントを書き込む」までの一連の動作を自動的に行うプログラムを用いて、片っ端からブログや掲示板にコメントを投稿を行う場合もあります。この場合、上記のような条件によってコメントスパムを投稿しても意味がないサイトにも、無差別にコメントスパムを書き込んでいくことになります。   ネタ元:コメントスパムとは? - ブラックハットSEO大全#05 (Web担当者Forum)

Tags:

2つのサイトの「Twitterでの言及数」を折れ線グラフで比較する方法

二十歳街道まっしぐらさんの記事紹介です。   Twitterでの言及数を比較するには「backtype」が便利「backtype」はTwitterでの言及について調べられるサイトです。bit.lyで使われていたりして、有名なサイトかなと。 このサイトにある「backtype/compare」でTwitterの言及数を比較できるのが便利だなーと思ったので紹介します。 2つのサイトURL指定すると、そのサイトがそれぞれどれくらい言及されているかをグラフで表示してくれます。 以下に使ってみた様子を載せておきます。     ネタ元:2つのサイトの「Twitterでの言及数」を折れ線グラフで比較する方法 (二十歳街道まっしぐら)

Tags:

iPhoneやAndroid等クロスプラットフォーム上で動くスマートフォンアプリを作る仕組み色々

phpspot開発日誌さんの記事紹介です。   HTML5/CSS3やJavaScript、Flashを使ってiPhoneやAndroid等クロスプラットフォーム上で動くスマートフォンアプリを作る仕組みを色々と調査してみました。スマートフォンアプリを作るのであれば効率的にクロスプラットフォーム上で動く物で作りたい、というのは開発者の誰もが思うことではないでしょうか?そんな技術の現時点でのまとめ、更にHTML5によるモバイルアプリ作成のフレームワークについても軽くまとめてみました。 ネタ元:iPhoneやAndroid等クロスプラットフォーム上で動くスマートフォンアプリを作る仕組み色々(phpspot開発日誌)

Tags: ,

ウェブ系エンジニアがおさえておきたい技術ブログまとめ

Meltdown Countdownさんの記事紹介です。   もうすぐ2010年も終わり。なんかこの業界、転職ブームな感じがしますね。転職したいですね。圧倒的給与を手にしたいですね。 それにはアウトプットが必要です。そのためには勉強が必要です。 エンジニアたる者、最新のトレンド(の技術)や今年マストアイテム(な技術)をおさえておきたいですね。 そこで役立つ技術系ブログをまとめました。今回は、ウェブ系の会社のオフィシャルなブログに限定しています。やっぱり実際に業務で使われている開発手法や運用手法の紹介は読んでてためになりますよね。   ネタ元:ウェブ系エンジニアがおさえておきたい技術ブログまとめ (Meltdown Countdown)

Tags:

ネットの売上を激増させるための101の秘訣

SEO Japanさんの記事紹介です。   もしあなたがオンラインでお金を儲けようとしているのなら、遅かれ早かれ直視しなければならないのが、コンバージョンだ。その手ごわいトピックとは、同じトラフィック数からもっと多くの購入者を獲得するにはどうすればいいのか、ということになる。 コンバージョンが手ごわいたった1つの理由は、あなたが道を踏み外す可能性がある箇所がたくさんあることだ。その多くはそんなに修正が難しいものではないが、1000ある小さな問題のたった1つが、本来あるべきコンバージョンを邪魔することがあるのだ。 今私は1000個の戦略を持っているわけではないが、まずあなたが手始めにできる101のことを教えることができる。 小さいものから大きなものまで、オンライン販売を増やすための101の秘訣をここに紹介しよう。   ネタ元:ネットの売上を激増させるための101の秘訣 (SEO Japan)

Tags:

【ツイッターで情報収集】公式のツイート検索+RSS登録がやっぱり最強な件について

IDEA*IDEAさんの記事紹介です。   誰かさん向けエントリーですよ。ツイッター検索+RSSを使っていない人、まだまだ多そうですよね(当たり前じゃん!という人は華麗にスルーでお願いします!)。 さて、ツイッターが一般化してきてつぶやきが億を超えるようになると情報源としてかなり使えるものになってきました。 普通に検索をしている人も多いかもしれませんが、検索結果をRSSリーダーに登録しておくと追跡調査ができてすっごく便利ですよ。 企業のソーシャルメディア担当の方だったら次のようなキーワードは「ツイッター検索+RSS登録」しておきたいところ。 自社名 ブランド名 社長の名前 競合ブランド/社名 イベントなんかをやったときのハッシュタグ ざっくりやり方も紹介しておきますかね。   ネタ元:【ツイッターで情報収集】 公式のツイート検索+RSS登録がやっぱり最強な件について (IDEA*IDEA)

Tags:

非デザイナーのためのデザイン基本テクニック その1

07design.blogさんの記事紹介です。   デザイナーではない方も趣味でサイトを作っていたり、デザイナーに頼むほどでもない画像を作ったりする機会があると思います。デザイナーはセンスでサクサクと制作するイメージがあるかもしれませんが、実はデザインというものは数々のルールによって成立しています。そのルールの知識があればデザイナーレベルとはいかないものの、見た目がきれいなグラフィックは作れるはずです。 デザインという言葉の定義やソフトの使い方から始めてしまうとややこしくなるので、今回はあくまでも「とりあえず見た目をキレイにする」ということに重点を置いて説明します。記事内ではphotoshopを使用していますがphotoshopが使える方は少ないかもしれません。ですがfireworks、パワポやwordでも要点をおさえれば「極端にダサくない」程度のデザインはできます。   ネタ元:非デザイナーのためのデザイン基本テクニック その1(07design.blog)

Tags: